皆さまのお支えによって多彩な活動が支えられています。

皆さまから頂いた寄付金は、そらのとり、すきっぷ、カルディア、からふる等の事業で使用させていただいています。

寄付は振込書、郵便振替のほか、当法人事務所でも受け付けています。

 

寄付の募集

 寄付A 10,000円(個人・団体)

 寄付B 5,000円(個人・団体)

 寄付C 3,000円(個人・団体)

 

ご寄付の受付

 

TEL 0561−76−1270

 

■ 寄付金

常時受け付けております。

 

■ 払込方法

【郵便振替】

口座記号番号 00890-9-155613

口座名称   NPO法人ルカ子ども発達支援ルーム

 

【他行からお振り込みの場合】

ゆうちょ銀行 〇八九(ゼロハチキュウ)店 当座 0155613

口座名称 NPO法人 ルカ子ども発達支援ルーム

 

銀行振替される方はお礼状やニュースレターを発送しますので、下記リンク先へ氏名・住所等のご登録をお願いします。

こちらに氏名・住所の入力をお願いします

 

NPO法人ルカ子ども発達支援ルーム 後援会 役員

会長:渋澤一郎(前日本聖公会中部教区主教)

副会長:日野忠市

理事:城所真男、大内久子、下条和子、高木栄子、長縄年延

ご挨拶

NPO法人ルカ子ども発達支援ルーム 後援会会長 主教 ペテロ 渋澤一郎(日本聖公会中部教区・前教区主教)

 

愛知聖ルカ教会・聖ルカセンターが尾張旭市に設立され、この地域に根を下ろしてから32年が経ちました。2016年、子どもの発達支援をテーマに勉強会を始め、2018年には尾張旭市の市民活動団体としても登録され、2021年4月、それまでの働きから学んだことを通して「NPO法人ルカ子ども発達支援ルーム」を発足させ、地域における子どもたちと親御さんへの支援を続けています。

最近「発達障がい」という言葉がよく聞かれるようになりました。子どもに発達障がいがあることで親は日々の子育てでストレスを抱え、子どもの未来にも不安を感じてしまい、自分を責めたり、子どもを責めたりしてしまいがちです。

発達障がいは、その子が生まれつき持っている「苦手さ」です。知育や訓練でそれを克服するのではなく、個性を理解して受け入れることで「その子らしく」育つことが出来、親も子も社会から孤立することがなくなるのではないでしょうか。「NPO法人ルカ発達支援ルーム」はそのための支援を活動の基本としています。

後援会では皆様にもこの取り組みにご理解、ご賛同いただき、支援の輪を広げ、子どもたちの健やかな発達と成長に少しでも貢献できればと願っております。   

何卒、皆様方のご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

日本聖公会中部教区主教 アシジのフランシス 西原廉太

 

主イエス・キリストは「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」(ヨハネによる福音書第15章13節)と言われました。私たちを「友」と呼んでくださる方、私たちを決して見捨てることのない「友」となってくださる方の愛に支えられて、私たちは互いに愛し合う者とされていくのです。

日本聖公会中部教区・愛知聖ルカ教会はこの30年間、イエスさまから教えられたこの「愛の働きの為」に、豊かにその交わりを育ててきました。1995年には愛知聖ルカ教会の祈りに加えて、愛知聖ルカセンターが発足し、地域社会の課題をともに担い、互いに愛し合う働きの為に尽くしてきました。

 この度、愛知聖ルカセンターは、この地域での「愛の働きの為」のさらなる具体化として、「NPO法人ルカ子ども発達支援ルーム」を発足いたしました。発達障がいを持たれる子どもたち一人ひとりの個性を理解して、そのままで受け入れることで、子どもたちが安心できる「居場所」を提供します。また、さまざまなストレスや不安を抱えておられる、その保護者のみなさんを支えることも、大切なミッション(使命)としています。

「NPO法人ルカ子ども発達支援ルーム」後援会では、この新たな「愛の働きの為」の取り組みを多くのみなさんにご賛同、ご支援いただければと願っています。どうぞよろしくお願い申し上げます。